アレルギー性結膜炎です。危険性はありますか?

質問者
ゆみにゃんさん
年代
30代
住まい
岐阜

コンタクトレンズを長年使い続けたため、アレルギー性結膜炎になりました。
レーシック手術を検討していますが、手術に危険はありませんか?


コンタクトレンズが原因の結膜炎は、ハウスダストなどのアレルギーが
元々ある場合と、レンズなどの刺激によって引き起こされる場合など、
いくつかのタイプに分けることができます。

結膜炎のタイプによっては、ステロイド(副腎皮質ホルモン)を用いると、
症状を軽くすることができますが、コンタクトレンズをしたままでは治療は
できません。

結膜炎の治療のためには、メガネにするのが一般的ですが、メガネに
抵抗があるのであれば、レーシック手術(レーザーで角膜を削って視力
を矯正する)を検討されてもいいのではないでしょうか。

レーシック手術の危険性につきましては、以前に東京都内の眼科施設
でレーシック手術後に角膜感染症が多発したというニュースがありましたが、
このようなケースは非常に希で、きちんとした手術室や器具に対して、
適切な衛生管理がなされていれば、レーシック手術で、このような
感染症はまず起こりません。

ですから、危険性については心配する必要はありません。

ただし、レーシック手術を受ける場合は、アレルギー性結膜炎の症状を
改善してからにしましょう。

レーシックとは 眼のしくみ レーシック手術
利用者の声 保険は使えるの? レーシックをコンタクトレンズと比較してみると・・・
FAQよくある質問 管理人について