コンタクトレンズを使用されている方はご注意ください。

近視矯正のためにレーシック手術を受けた患者が角膜炎を発症、
病院側を提訴する事態にまで発展している。問題となっているのは
手術器具などのズサンな衛生管理。ところで今、視力矯正手術だけでなく
非常に身近なコンタクレンズでも『感染性角膜炎』を発症する人が急増
しているという。

普通は医療機関の手術などで発症することは、今回提訴された銀座眼科の
ケースのように、よほど施設側に落ち度がない限りあり得ない。が、コンタクト
レンズを使用している場合、扱い方ひとつ誤れば、いつ発症してもおかしくない。
(ZAKZAK)

上記に抜粋させていただいた記事にありますように、レーシック手術は
万全な衛生管理の下で行われさえすれば全く問題ないようです。

むしろ危険なのは、コンタクトレンズのずさんな衛生管理の方にあるみたいです。
大切な目を守るためにも、コンタクトレンズは、装用時間を守って清潔な手
取り扱うように心がけたいものですね。


レーシックとは 眼のしくみ レーシック手術
利用者の声 保険は使えるの? レーシックをコンタクトレンズと比較してみると・・・
FAQよくある質問 管理人について