レーシックが受けられない方

残念ながら、レーシックは全ての方が受けられるものではありません。
最終的には医師の判断によりますが、下記に該当する方は受けられない場合があります。

・17歳以下の方は眼球が成長過程にあるため、18歳以上になるまでお待ちください。

・適応検査で不適応と診断された場合は、残念ながら受けられません。

・妊娠中・授乳中の方は受けられません。

・糖尿病、膠原病など内的疾患(病気)をお持ちの方は、受けられない場合もありますので医師にご相談ください。

・白内障、緑内障、角膜の厚さ、近視乱視があまりに強い方など、
眼の状態によっては受けられない場合もあります。

・花粉症の方などは受けられますが、術後は眼をこすれないため、
症状が落ち着いている時期の方がよいようです。

★いくつか主な内容を書きましたが、上記に当てはまる方でも医師との相談により、
受けられる可能性もありますので、まずは、病院にてご相談ください。

★反対に病院や医師の判断により、上記に該当しない場合でも受けられないこともあります。

このカテゴリー「レーシックとは・・・」では、以下のことも知ることができます


   TOPページへ

レーシックとは 眼のしくみ レーシック手術
利用者の声 保険は使えるの? レーシックをコンタクトレンズと比較してみると・・・
FAQよくある質問 管理人について